Xiaomi Mi MIX Alpha「ラップアラウンドディスプレイ」画面占有率180%!

ガジェット




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mi MIXシリーズ最新モデル 「Alpha」ついにベールを脱ぐ

本日、9月24日待ちに待ったXiaomi発表会が行われました。

このブログでもMIXシリーズの噂について何度か取り上げてきましたが、ついにその概要が発表されました。

スクリーンの画面占有率はなんと、180%以上ということで、背面まで液晶で覆われています。まさか1画面で背面までとは想像を超えてきました。

折り畳み式とか色々と噂されていましたが、真裏にまで液晶を持ってくるかと・・・。流石はXiaomiだと改めて思いました。

スペックについて

ディスプレイ:画面占有率180.6%ラップアラウンドディスプレイ
プロセッサー: Qualcomm Snapdragon 855+
メモリ: 12GB
背面カメラ: 108MPプライマリセンサー+ 20メガピクセル広角センサー+ 12メガピクセル望遠センサー
内部ストレージ: 512GB UFS 3.0
バッテリー: 4,050 mAh
急速充電: 40W有線高速充電
ソフトウェア: MIUI 11

音量物理ボタンがない

通常のスマートフォンであれば、音量ボタンが側面についていますが、このAlphaにはありません。

サイド液晶を押さえて、音量を調整するようになります。それも圧力がかかった際に反応するもののようです。たしかに、すぐに反応するようではどこを持っていいのか分かりません。

自撮り用のフロントカメラも存在しない

ラップアラウンドディスプレイですので、背面側のカメラを自分に向けても画面確認できるため、搭載していないとのことです。自撮り用カメラも1億画素で撮影できるため高品質な画像で撮影できると思います。

価格は約30万円もする

気になるお値段ですが、約30万円だそうです。これだけの技術をつぎ込んだスマートフォンですので、高いのはわかりますがこれは流石に手が出ません。

Xiaomi Mi MIX Alphaのまとめ

Mi MIX Alphaについて、発表された情報をもとに簡単ですが、記事にしてみました。

このAlphaはラップアラウンドディスプレイというかなり尖ったスキームを持っているため、コンセプトモデルです。価格も約30万円ということですし、Xiaomiの技術力を示すという位置付けになるんでしょう。

Xiaomi Mi 9 Pro 5Gも同時発表となっていますので、そちらがメインですね。MIXシリーズとして量産化のスペックではないのが残念です。MIX3で終わるのか・・・期待してMIX4を待ってみたいと思います。

Alpha発表前の記事です。

Xiaomi Mi MIX Alpha?MIX 4でない最新機種
9月24日のXiaomi発表会で、Xiaomi Mi MIX Alphaの発表が予告されています。MIXシリーズとしてMIX 4が噂されていましたが、Alphaという名前になりそうです。ディスプレイはウォーターフォールディスプレイとなり、画面のエッジ部分まですべて液晶画面になります。

Xiaomi Mi 9T Pro開封インプレッションです。

Xiaomi Mi 9T Pro 圧倒的コスパ 開封インプレッション
Xiaomi Mi 9T Proが発売され即購入しました。届きましたので開封していきます。レッドを購入しましたが、Mi 9Tのブルーとの比較をしてみました。性能以外は外見はまったく違いはない。レッドはとても綺麗です。そして、値段も安くコスパ最強のスマートフォンです。開封レビューだけとなりますが、よければ見ていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました