高コスパ Chuwi Ubook Pro まだ買えます

スポンサーリンク
ガジェット




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Indiegogoでローンチ開始

 

CPU Intel Core m3 8100Y
メモリ 8G
SSD 256GB
付属 スタイラスペン

上記スペックで、54,095円が残り120個程度となっているようです。ローンチされて、2日ほどであっという間に目標金額を超えています。やはり注目度は高いのがわかります。

このスペックで、54,095円で買えるっては魅力的です。すごいですよね。前回のUbookもChuwiはクラウドファンディングでのみ出資、販売を行っていますが、まだ正式な製品として発売するような動きはなさそうです。量産化するというよりは、まだ市場調査、そんな段階で様子見しているのでしょうか。

スタイラスペン、キーボードは付属を選択できる

今回の出資では、最初からスタイラスペン、キーボードは付属されているものと、付属無しのものが選択できるようです。その差は6,000円程度となっています。その程度の値段で2048筆圧のスタイラスペンと、バックライト付きキーボードが付属するなら、もちろん前者を選んだほうがよいの当たり前です。その分、先になくなるので急いで出資しないといけないということになります。

Ubook Proも限定販売の可能性

このUbook Proも、数量を限定しての販売となると思うので、どうしても欲しい方は今申し込みを行う必要があります。今なら、22%OFFで手に入れることができます。

3タイプの使い方

2in1PCならでは使い方として、ラップトップとしてビジネスに利用、タブレットとして動画など閲覧、スタイラスペンでクリエイティブな作業と様々使い方が可能です。Ubookは2in1PCに風穴を開ける存在なのかもしれません。かなり挑戦しています。

出荷予定は12月

出荷予定は12月となっています。Ubookでは、液晶の部分に問題が出てそれだけで2か月ほど遅れた経緯がありますが、その部分を解消でき製品化できたことを踏まえるとProの開発では影響がでることはないかもしれません。画面サイズの変更くらいでしょうから。

それでも十分遅れる可能性があり、クラウドファンディングなんで、進捗の遅れは当たり前だと思ったほうが気が楽です。

私のUbookの記事です、ご参考に。

Chuwi Ubook kickstarterで出資した
Chuwi ubookに出資したので、その感想。初日に壊れる・・・
Chuwi Ubook 2度目の到着 開封レビュー
それは突然やってきます はい。それはChuwiのUbookです。 前回以下の記事にて、Ubookの出資から到着そして修理まで記事にしました。 それでもって、Ubook Proが出資開始されるというニュース・・・ ...

コストパフォーマンスは最高クラス

スペックと値段で考えると最高クラスのコスパを実現しています。手軽に使える2in1PCを探している方、この値段ですと多少手荒に使えそうな気もしますよね。私もUbookの使い方としてもそこまで気を使わずカバンに入れています。気になる方は、急いで出資してみてはいかがでしょうか。

Ubook Pro by indiegogoへ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました