Amazfit X 届きました 開封レビュー 正直・・・

ガジェット




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

発送から1ヶ月以上・・・

さて、前回のブログでAmazfit Xが発送されそうということを書いていましたが、やはりすんなりと輸送されることはなく、中国国内で1ヶ月は滞留していたようでした。

開封

前置きはともかく、開封していきます。

 

箱を開けると、ケースがきれいに黒い袋に入っている状態。拘りを感じます。ケースの中にはAmazfit Xがくるっと巻かれています。

これが噂の曲面ディスプレイですね。ディスプレイの暑さは思ったとおりの分厚いです。マイナス点でしょう。

シリコンバンドは予備というわけではなく、サイズが小さいものが1セット付属しています。腕が細い人用についています。

充電器は、ケースの中に組み込まれている。パカッと外してコンセントへ差し込みます。バンドの方はまったく充電がなく直ぐに使用します。

腕に巻いてみました。うーん、でかい・・・。腕輪?という感じです。この時点で微妙な空気がしてきました。

ペアリングは、QRコードにて行います。最近新しくなったのかXiaomiのアプリがZeppというアプリに変わっていました。

接続は、QRコードからペアリングし、スムーズです。

ようやくお目見えしました。

思ったこと

画面の発色はとてもきれいで、近未来的なスマートバンドといった印象です。操作に関してもワークアウトから、日常のスケジュールなど様々なものを見ることが可能です。メール、LINEについても問題なく表示されます。メールの内容については、標準のアプリでは表示できないので、サードパーティ製のアプリを導入するしかなさそう。

正直に言って、数ヶ月待ってみたものの、現物をみてみて以下が気になり、使用は控えるつもりです。

  • 分厚い
  • バンドの曲面のせいで、全体的に嵩張る
  • 通知、スクロールがなめらかでない

分厚い本体

横からみた本体の暑さですが、1cm近くあります。この厚さがとにかくいまいち・・・

でっかい腕輪です。もっとシュッとしているものはできなかったのかな。装着感も半端ないし、

正直期待はずれ・・・

分厚いことによって、手首の自由度が落ちる

腕輪をつけていることで、手首の自由がきかない。人間の腕って、丸ではないので、シリコンバンドでは、宙に浮いている感がすごいのですよ。このAmazfit Xはついでに、画面も丸形なので、余計に宙ぶらりんになります。腕の横の部分と、腕の裏で支える形になります。

メールの通知など画面スクロールがカクカクする

スマートウォッチでは肝心の通知機能ですが、画面自体は大きいのでかなりの文字数を読むことが可能です。Mi Bandなどとは比べ物にならないのは当たり前です。

しかし、通知のスクロールがカクつく。ぐぐぐっと動く感じで、とてもスムーズに流れているとは思えません。もう少しこのあたりにお金かけてきちんとユーザーの満足度を上げてほしいな。

総評

ということで、このAmazfit Xをクラウドファンディングで買ってみましたが、今回は失敗したなと思うのが私の結論です。金額的には15,000円程度の出資なので、大きな損失ではないですが、これだったらもう少しつぎ込んで、Android Were OSのスマートウォッチも考慮できるなと思います。

Xiaomi系のスマートウォッチは、買わないほうが無難。スマートウォッチ専売のメーカーから買うの利口だと感じました。この半年待ち長かったけどちょっと後悔しています・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました