Xiaomi Mi9Tが届いた!開封してみるよ

ガジェット




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mi9Tが届きました 開封レビュー

とうとう来ました。

久しぶりのスマホ。新品です。

側面には、しっかりメモリ6GB、128GBの文字を確認できます。

さて早速開封していきます。

箱の中身なんだろな?

箱を開けると、

左側がケース、見ることはないだろう説明書が入った箱。

そして、Xiaomi Mi9Tが鎮座しています。格好いい!

初対面の印象は、画面が大きい!

Mi5は5.25インチの画面だったので、6インチを超えるスマホは初めて。

早速スマホを取り出してみる。

画面保護シールがきれいに張り付けてあります。電源ボタンでしょうか、右側面のボタンが赤いボタンになっています。配色?には若干の違和感があると感じます。。。

付属品をみてみる

Xiaomi Mi9Tを取り出すと、一番下に付属品を収まっていました。

USB Type-Cケーブルと、電源アダプタです。

電源アダプタは、コンセント差し込みが、日本の仕様と異なるため、このまま使用できません。専用の変換プラグが必要です。

そして、専用ケースも付いています。ハードケースですね。

質感はよく、滑らかです。なので、少し滑りやすいように感じます。

ちゃんと、Xiaomiのロゴも入っています。

電源起動してみる

電源起動すると、初期設定で言語などを選択していきます。

まぁ、この辺りはどのスマホであっても、同じなので割愛して。

来ました。全画面スマホです。有機ELのディスプレイなので、すごく発色もよく、とても見やすいです。そして、省エネなんで、画面の大型化でも電池の消耗を抑えてくれるでしょう。

ただ、電源起動前に、画面保護のガラスケースを張り付けたため、画面すべてが見えていないので、ご了承を。

画面上部のアップ

ノッチ無しです。正真正銘のですね。ドロップ、水滴とかいろいろ言ってますが、これが最強でしょう。

スッキリ、シンプルが一番良い。

では、さっそく、前面カメラを起動してみます。

さわやかの音と、LEDの光とともにお出ましです。

ウィーンというモーター音も聞こえます。

いいですね。想像以上に感動しています。

なんども意味なく閉じたり、開いたり。

このあたりのギミックが好きなんですよね。ちょっと人に自慢できると思いませんか?

XiaomiMi9T 前面カメラ起動

動画が撮ってみました。

音に関しては、8種類くらいあり、変更も可能です。

30万回の試験に耐えたらしいので、通常使いでは壊れることはないでしょうが、動いている最中に抑えたりすると、たぶんモーターなどに支障がでるでしょうから、やらないほうが無難ですね。てか、わざわざそんな負荷をかけて壊れでもしたら泣きます。

取り合えず、今回は開封して、電源いれて、前面カメラまで確認してみました。

また、次は、ベンチマークの性能面でも見ていきたいと思います。

では。

(追記)

ベンチマークを計ってみました。よかったら見てください。

Xiaomi Mi 9T Antutuベンチマーク
Antutuベンチマークを計ってみた 先日、届いたXiaomi Mi9Tです。 届いてから、色々と触ってMIUIの使い心地など、試してました。 ダークモードも試してみましたが、私的には、暗すぎて慣れないと感じました。 O...

コメント

タイトルとURLをコピーしました