Xiaomi Mi 9T Antutuベンチマーク

ガジェット




スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Antutuベンチマークを計ってみた

先日、届いたXiaomi Mi9Tです。

Xiaomi Mi9Tが届いた!開封してみるよ
Mi9Tが届きました 開封レビュー とうとう来ました。 久しぶりのスマホ。新品です。 側面には、しっかりメモリ6GB、128GBの文字を確認できます。 さて早速開封していきます。 箱の中身なんだろな? 箱を開けると、...

届いてから、色々と触ってMIUIの使い心地など、試してました。

ダークモードも試してみましたが、私的には、暗すぎて慣れないと感じました。

OSに関しては、そのうちカスタムロムでも入れるので、あまり気にせず、いきたいと思います。

やはり、Xiaomi Mi9Tは最新型スマホですし、ミッドレンジに位置するとはいえそれなりの性能は持っている(いや、持っていなければいけない)はず。

Xiaomi Mi9のSoc スナドラ855には、敵わないのは分かっているが、実際どうなのか。自分で検証してみました。

見慣れたGPU性能を計る3Dグラフィックです。

見た感じ、ヌルヌルと引っかかることなく表示されます。これは、流石だなと思いました。

これでミッドレンジのスマホなのか?

3Dゲームはしないので、そんなに重要ではないが、性能がよいに越したことないですし、気になる部分ではあります。

そして、結果が出ました。

21万超え!

ミッドレンジスマホでも、スコア20万を超える時代になってきたんですね。

驚きともに、これ以上の性能は必要ないのではないかとも思いました。

最新のSocであるSnapdragon855のスコアでは、37万以上をたたき出しているようですので、ミッドレンジも20万あたりになってくるのでしょうね。

Huawei P20 Proより、上ということで、ひと昔前の上位Socと肩を並べる性能のようです。

ちなみに、Xiaomi Mi5でもやってみた

前スマホ、Xiaomi Mi5でもやってみました。

約16万ということで、改めてMi5は十分な性能を持っているなと思いました。

といいつつ、Mi5よりもMi9Tのスコアがよかったので、ホッとしたところもあります。

Mi5は、2016年に発売されているので、3年以上前の機種です。

その当時は、低価格がバカ売れし、話題にもなりました。

2年以上使ってきて、普段使いでは何も問題はなく、必要十分なパフォーマンスは持っている機種でした。

カメラ性能は、最新機種には及ばないので、気になる部分は、そこだけでした。

今後は、サブ機として使用していきます。

指紋認証はどんな感じ?

指紋認証について、調べててみました。

画面内指紋認証とは?

Xiaomi Mi9T 画面指紋認証ってどんな感じなの?
気になる画面指紋認証 さて、XiaomiMi9Tです。 前回、ベンチマークについて、書きました。 そして、今日は、皆さん気になりますよね。画面指紋認証について検証してみました。 私は購入前はすごく気になっていました。 どん...

まとめ

今回は、Xiaomi Mi9TのベンチマークをAntutu 3DBenchmarkで計ってみました。

ミッドレンジスマホでも、使い方にもよるでしょうけど、性能は必要十分だなと感じました。

普段使いであれば、何の問題はないです。

スマホも高性能化が進んで、値段も高騰しています。

10万円超える機種なんて買えないですし、安くても性能が良い機種もある。

そんなスマホをこれからも注目して、ネットで色々と情報収集していきたいと思います。

ではでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました