Xiaomi Mi 9Tレビュー AOD(Always On Display)はどんなのもの?

ガジェット




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AOD(Always On Display)

Always On Displayとは、有機ELディスプレイの低消費電力を活かして、画面オフの状態でも日時、通知などを表示できる便利機能です。

画面を起動していない状態でも、時計表示できるので、大変便利です。

購入から、指紋認証のみを表示させていましたが、今回は、AODについて見ていきます。

時計表示のスタイル

XiaomiMi9TのAlways On Displayには、標準で16種類の「時計のスタイル」が用意されています。デジタル表示のものばかりですが、色々なパターンが用意されています。

シンプルなものから、ちょっとしたイラストチックなものまで、用意されています。このAODですが、常時表示となるため、多少電池の消耗が多くなるようです。時計表示自体には、アニメーション表示などがあるわけではないです。常に表示するっていうだけです。

しかし、常に時計の表示が出ているっていうのは、便利だ。いちいち、電源ボタンを押したり、画面をタップする必要がなくなる。これは、今までのスマホとは大きく異なる機能と感じます。

では、実際に設定していきます。

設定画面

設定画面から、ディスプレイを選択します。

アンビエント表示をタップします。すると、アンビエント表示の設定が表示されます。

常にONで、アンビエント表示されるようになります。

注意書きにありますが、アンビエント表示すると電池を消費しやすくなります。体感では、よくわからないほどの消費電力に感じます。

スケジュールの設定もでき、1日のうち、何時から何時の間だけ、アンビエント表示を行うか細かく設定することが可能です。

不必要な時間は電池消費を抑えることが可能なので、痒い所に手が届く設定ですね。嬉しい機能です。

実際の画面表示

無事に設定を済ませて、画面を閉じます。

すると、時計表示されました。

バッテリーのパーセンテージも表示されるようです。

地味に便利ですね。今回は、ブルー表示に設定したので若干見にくくはあります。屋外では見えないですね。

通知とかはどうなる?

この状態で、メールなど受信した場合はどうなるでしょうか。せっかく画面を閉じたままで時計表示できるアンビエント機能なのですから、何かしら表示していほしいところです。

さっそく試してみました。

画像のように、通知に関しても表示されています。わざわざ画面を開く必要なく、通知も確認できます。通知は、アイコンで表示されて、ステータスバーに表示されるアイコンと同じものが表示されるということですね。

デジタル表示は16種類もあるので、色々試しながら自分のお気に入りを見つけるのも、楽しみですね。

これは気付かなかった

有機ELパネルを使用した画面では、画面の焼き付きが懸念されるんですが、このXiaomiの有機ELパネルの画面も同様です。

このアンビエント表示も有機ELですので、長時間時計表示などを行うと焼き付きが起こる可能性があります。そこで、この時計表示ですが、1分毎に若干表示する場所が変わるのです。

少しずつ場所をずらしていくことで、焼き付きを防止するようになっているんですね。あまりに少しずつなので、はじめは気づきませんでした。なるほどなと思いました。

この辺りの機能については、最近の有機ELパネルを搭載したアンビエント機能のあるスマホでは標準のようです。

暗い場所では勝手に消える

このAODですが、夜寝るときなど暗い場所だと結構眩しいことになります。正直、表示ある状態の場合は、周囲が明るく感じるほど光っています。

しかし、このAODですが周囲が暗いと勝手に消灯してくれるのです。時間にして、2分程度で消えてくれます。この周囲が暗いってのがどのくらい暗ければ消えるのかはよくわからないですが、真っ暗な状態であれば確実に消えます。

真っ暗でも、PC作業を行っている状態など、少しでも光を感じると消えないですね。微かな光にも反応しているのでしょうか。

いずれにしても、暗いと勝手に消えるってもよくできている。

まとめ

今日は、アンビエント表示について、試してみました。

AOD自体は、Galaxyなど既に搭載されているものです。なので、今更って感じられる方も居られるかもしれません。ただ、率直に初めて有機ELパネルを使ったので、記事にしてみました。

有機ELを採用したスマートフォンならではという機能で、とても便利なものとなっています。電池の消費が上がるということですが、まあそんなに気になることもないと感じます。

それより、この機能を使うことで、画面を開く動作が必要なくなることのほうが有益であると思います。だって、真っ暗な画面のままだと、メールが来ているかなどを確認する際は、電源ボタンを押すなど、画面を起動しないといけないですよね。これが必要ないっていうことです。

私は、常にONにしています。是非、使ってみてください。

以下、Mi9Tが届いて開封した時のブログです。

Xiaomi Mi9Tが届いた!開封してみるよ
Mi9Tが届きました 開封レビュー とうとう来ました。 久しぶりのスマホ。新品です。 側面には、しっかりメモリ6GB、128GBの文字を確認できます。 さて早速開封していきます。 箱の中身なんだろな? 箱を開けると、...

 

ではでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました