微妙だな楽天モバイル Rakuten Miniクリムゾンレッド開封・・・

ガジェット




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Rakuten Mini開封

さて、先週の金曜日に契約を申し込みましたRakuten Miniが到着しました。では早速開封していきます。今回はTPUケースとガラスフィルムを一緒に発注しました。どこで買おうと同じだろうし、一緒に届くのであれば効率が高い。

現時点で、Rakuten Mobileから申し込みを行うと約2日ほどで家まで届くようですね。かなり早い。

箱を開けると、小さいこと。これがRakuten Miniなのですか。そして斬新なカラーリングのスマホです。黒や白のスタンダードな配色とは異なり攻めてる感がひしひしと。

USB Type-Cケーブルと充電器、あと、端末下にイヤホン用のケーブルが付属しています。

裏面ですが、赤っていっても朱色って感じですね。おサイフケータイのフェリカマークもしっかりと見えております。持った感じも軽すぎて、思わず落としてしまいそうです。

ボタンは、音量ボタンと、電源ボタンのみです。側面のカラーリングも同色になっています。

USB Type-Cのソケットと、右のようにストラップを着ける穴が開いています。

6.39インチのXiaomi 9Tと並べて比較してみました。かなり小さいのがわかります。最近の一般的なスマホは大型、大画面が主流なので、3.6インチのRakuteMiniは珍しいです。なぜ楽天はこんな機種を投入したのだろ。。。

小さいだけに画面は見づらい

さて、一通り外観を眺めたので、電源を入れていきます。電源を入れるとRakuten Mobileの文字が表示され、さすが楽天の謹製スマートフォンだけのことはあるなと思います。画面は3.6インチですので、普段の大画面かつ有機ELのスマホになれている身としては、お世辞にも見やすいなんて微塵も思いません。

位置情報の提供なんてしたくないんだが、どうにも先に進まないようで・・・。協力しておく。

ここまで進んでおきながら、こんなメッセージが出てきます。不親切だわ・・・。これからどうしろというのだ。まあ、このくらいことは、なんてことはない。

しかし、これはスマートフォンを楽天に変えてみたなんて、ガジェット素人には結構ハードルが高いと思います。

そしてこんな紙っぺら一枚で済まそうって、これはいかんでしょう・・・。

次回、eSIM設定をしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました