Amazfit GTS インドで発売されました

スポンサーリンク
ガジェット




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon限定インドで発売されます

HuamiはインドでAmazfit GTSスマートウォッチを正式に発表しました。 10月13日以降、インドのAmazonで9,999ルピー(約15,216円)で購入可能だそうです。 Amazfit GTSは、当初はブラックのみの発売ですが、順次、スチールブルー、ラバグレー、ローズピンクなどが発売されます。これは、非常に気になりますね。インドのAmazon限定ということですが、早く世界的に発売してほしいものです。インドということは、グローバルバージョンで英語表示できるってことでしょう。

Amazfit GTSの仕様

以下、Amazfit GTSの仕様について

Xiaomi Amazfit GTS発表!これは、AppleWatchなのか?
Amazfit GTS XiaomiからAppleWatchにそっくりなAmazfit GTSが発表されました。 Huami Amazfit Bip Xiaomiのスマートウォッチを製造販売しているサブブランド...

約14日間持続するバッテリー寿命、341ppiピクセルを持ったディスプレイに、2.5D Gorilla Glass 3の1.65インチ(348×442ピクセル)AMOLEDディスプレイなど、かなり高機能になっています。

また、5気圧耐水、GPS対応+ GLONASSデュアルポジショニング機能、Bluetooth v5.0、24時間の心拍数モニタリングを備えています。 アウトドアランニング、ルームランナー、ウォーキング、サイクリング、クロストレーナー、スイミング、トレッキング(登山)、クロスカントリー、スキー、その他の運動等、12種類のスポーツモードが搭載されています。

ワークアウトが終了すると、GPSマップ、距離、ペース、カロリー、bpm範囲、高度、時間など、収集されたすべてのデータを表示します。

インドで発売ということはグローバルバージョンか

Amazfit GTSですが、インドで発売されるというニュース。グローバルバージョンが登場したのでしょうか。何にしても、Apple Watch似のこのスマートウォッチが中国以外で発売されたことは間違いないようです。

手に入れた方がレビューした記事、動画などアップデートされるのを期待してみたいと思います。日本からでも早く手に入れることができればいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました