Apple iPhone

iPhone 15 ProのA17チップ 驚愕のベンチマーク結果を叩き出す!

Geekbenchの結果は、iPhone 15 ProのA17チップがどれだけ高速であるかを示しています

ついに新しい iPhone が登場しました。iPhone 15 Pro と iPhone 15 Pro Maxには、どちらも新しい A17 Pro チップが搭載されており、これは初めて 3 ナノメートルのプロセスを使用して設計、製造されています。
Apple は、A17 Pro が A16 Bionic よりも最大 20% 高速であることをすでに公表していましたが、Geekbench の結果により、新しいチップがどれだけ高速であるかのがよくわかります。

iPhone 15 ProシリーズのA17 ProはA16よりわずかに高速化!

新しい iPhone 15 ProのGeekbench結果がプラットフォーム上で明らかになりました。あまりよくわからない人のために説明すると、Geekbench は CPU パフォーマンスを測定するベンチマーク プラットフォームで、ユーザーはさまざまなデバイス間で結果を比較できます。

Apple によると、A17 Pro は昨年の A16 Bionicよりも20%高速なGPUを搭載していますが、CPUは10%しか高速化していません。そして、Geekbench の結果の数字は、Apple が行った比較を裏付けています。新しい A17 Pro は、シングルコアで 2914 ポイント、マルチコアで 7199 ポイントを達成しました。これは、A16 Bionic のマルチコア スコアより約 13% 高いです。

A17 は A15 よりも 40% 高速であるため、A17 Pro を iPhone 13 の A15 Bionic などの古いチップと比較すると、違いがより顕著になります。新しい A17 Pro は、Mac や iPad で使用されている Apple の M1 チップのマルチコア パフォーマンスの達成にも近づいています。

以下で Geekbench の結果の一部を比較できます。

  • A15 Bionic: 2183 シングルコア | 5144マルチコア
  • A16 Bionic: 2519 シングルコア | 6367マルチコア
  • A17 Pro: 2914 シングルコア | 7199マルチコア
  • M1: 2223 シングルコア | 7960マルチコア

iPhone 15 Proの結果は、昨年のモデルのRAMが6GBだったのに対し、新しい携帯電話には8GBのRAMが搭載されていることも確認しています。この情報はすでに他の情報源によって共有されており、iPhone 15と15 Plusにはまだ6GBのRAMが搭載されていることも明らかになりました。

iPhone15プロ

効率の向上

A17 Pro は A16 Bionic よりもそれほど高速ではありませんが、新しいチップは他にもいくつかの改善をもたらします。たとえば、3 ナノメートルのアーキテクチャによりチップの効率が向上し、消費電力が削減され、iPhone のバッテリー寿命が長くなります。A17 Pro には、より優れた 3D グラフィックスと AV1 コーデック ハードウェア デコーディングのためのレイ トレーシング サポートも付属しています。

留意すべきもう 1 つの詳細は、A17 Pro チップのみが USB 3 コントローラーを備えており、互換性のある USB-C ケーブルを使用すると、より高速なデータ転送速度が可能になることです。

新しい GPU のパフォーマンスに関する詳細はまだ多くありませんが、詳細が明らかになるまでにそれほど時間はかからないでしょう。iPhone 15 Proの予約注文は今週金曜日に開始され、正式な発売は9月22日に予定されています。

-Apple, iPhone