【本記事はアフィリエイト広告を含みます。】

Apple iPhone

次期Apple iPhone SE 4はiPhone 14のバッテリーを使用する可能性

新型iPhoneSE4 iPhone14とほぼ同じになるかも

2024年に発売予定の噂されているApple iPhone SE 4は、iPhone 14のようなデザインを採用すると言われています。

5行でわかるこの記事の内容

  • 2024年に期待されるAppleの噂されているiPhone SE 4は、iPhone 14に似たデザインを採用する可能性があります。
  • MacRumorsによると、iPhone SE 4のプロトタイプ(D59)には、iPhone 14と同じA2863のLi-Ionバッテリーが搭載されており、容量は3,279 mAhです。
  • もしAppleがこのバッテリーを採用するなら、iPhone SE 3と比較して1,261 mAhも増加することになります。
  • 以前の噂では、iPhone SE 4はBOE製のOLEDディスプレイに移行し、SEモデルにおいて従来のLCDを放棄する可能性があります。
  • 重要なこととして、これらの詳細はプレプロダクションユニットに基づいており、計画の変更がある可能性があります。

バッテリー容量が大幅にアップ、これは期待できるSEシリーズになるでしょう

MacRumorsによると、デバイス識別子D59を持つiPhone SE 4のプロトタイプには、モデルコードA2863のLi-Ionバッテリーが搭載されていると報じられています。このA2863というバッテリーモデルは、iPhone 14で使用されているものと同じで、容量は3,279 mAhです。もしAppleがiPhone SE 4にこのバッテリーを採用するなら、iPhone SE 3のバッテリーと比較して1,261 mAhも増加することになります。

以前のリークでは、iPhone SE 4はBOEから供給されるOLEDディスプレイを搭載し、これによってSEモデルがLCDからの転換を果たすとも言われています。情報はプレプロダクションユニットに基づいており、計画は変更される可能性があるため、リークと異なる点が出る可能性もあります。追加のリークされている特徴には、アクションボタンとUSB-Cポートが含まれています

アクションボタンはSEシリーズで付くかは定かではない。これはあくまで噂レベルであって、Proシリーズしか搭載していないアクションボタンがSEシリーズにつくとは考えづらい

Source:1

-Apple, iPhone